消費者金融でお金借りたらもう銀行で新たに借りれない?

消費者金融でお金借りたらもう銀行で新たに借りれないのでしょうか?

 

消費者金融でお金を借りたら、銀行で新たに借りる事が出来ないと思っていませんか。

 

銀行の審査は厳しめと言うこともあり、様々なローンの審査に影響することを考えるとすでに消費者金融を利用している場合は弊害と捉えてしまうかもしれません。

 

ですが、現在の銀行は消費者金融で多少借りた経歴があっても、そこまで影響はしないと言えます。

 

消費者金融でお金を借りた時の影響について解説します。

 

カードローンも住宅ローンも通過する

 

一昔前こそ消費者金融はサラ金と呼ばれ、後ろ指刺されるような存在でそのような所から借りているのは確かにマイナス査定の対象でした。

 

現在の消費者金融は法律をきちんと守り、金利も低くなっているので適切な利用をしていればそこまでマイナスの査定はされません。

 

ただし、消費者金融から複数社借りていて、明らかに多重債務の状態であるならばマイナスの査定は防げないでしょう。

 

借入件数が2社以上あると厳しい銀行は審査に通らなくなりますので、なるべく借入件数を増やさないようにしましょう。

 

心配なようならキャッシングカードの解約

 

住宅ローン審査に代表する銀行からの借入は人生の大きな分岐点になりますから、リスクを減らすために使っていないキャッシングカードは解約を行った方がいいでしょう。

 

キャッシングカードもクレジットカードも、枠が残っていると使っている物として審査対象に入ってしまいます。

 

重要なローンを組む前は不要なカードの解約を行うようにして下さい。

 

消費者金融から借りた履歴や、現在利用中であっても銀行から借りる事が出来なくなる事はありません。

 

将来銀行との取引を考えている人も、安心して利用するようにして下さい。

 

まとめ

 

昔と違って消費者金融を利用していても銀行での新規申し込みは問題ありません。

 

ただ、複数社からの借入れ、多重債務、さらには遅延の多さがあれば影響することは避けられません。

 

そうでなければ問題はないのですが、住宅ローンなど厳正な審査があるような場合は、キャッシング枠を持っているだけでも審査に影響する可能性はあるので、スッキリさせておくのが良いでしょう。