キャバクラや風俗等の水商売の在籍確認審査はどうやって行われるの?

キャバクラや風俗等の水商売の在籍確認審査はどうやって行われるの?

 

在籍確認の審査はキャバクラや風俗等にお勤めの人でも不安に思うものです。

 

高収入の場合だとしても不安定な職業と言えます。大事なのは毎月の安定した収入です。たとえ低収入でも安定していれば借入れは可能です。

 

キャバクラや風俗等に従事している人の在籍確認審査について解説します。

 

在籍確認はオペレーターが電話をする

キャバクラや風俗等でも基本的には在籍確認に違いはなく、電話で勤務を行なっているか確認の電話が入ります。

 

借入金額によっては年収証明を求められる事もあるでしょう。

 

在籍確認の電話は個人名でかけてくれますが、お願いをすれば源氏名で取り次いで貰えるように配慮してくれる消費者金融もいたりします。

 

副業として続けているなら本業で在籍確認

昼は会社員、夜はキャバクラ、風俗等にお勤めと言う人も多いのではないでしょうか。

 

そう言う方の場合は本業で登録をして、在籍確認を行った方がいいでしょう。

 

収入証明を別途提出することにより、キャバクラ風俗等の給料の入った限度額で契約することができます。

 

アリバイ会社は使わない方がいい

キャバクラ風俗等のお店の中には、アリバイ会社を紹介してくれる所もあるかと思います。

 

働いているお店に在籍確認の電話連絡をしてほしくないという方は少なくないでしょう。ですがやはり職業を誤魔化してまで審査をクリアしようという考えはオススメできません。

 

アリバイ会社で登録をしてお金を借りた場合、万が一返せないと詐欺罪が成立する事があります。

 

アリバイ会社の使用は控えるようにしましょう。

 

キャバクラ風俗等にお勤めの人は審査で多少不利な面があります。

 

在籍確認を理解して、上手に審査を突破して下さい。